▼2017年5月公演

5月二本立て公演

「気がついたら神様になっていました」「弁護士バイロン」

「気がついたら〜」作・演出/石川朝子  「弁護士バイロン」原作/つかこうへい 演出/木下貴博

日程:2017年5月3日(水祝)〜7日(日) 全日程14:00開演

14時より「気がついたら〜」(30分)の上演に続き、休憩を挟んで「弁護士バイロン」(1時間40分)の上演となります。
1枚のチケットで、両作品をご覧いただけます。

会場:北区AKT STAGEアトリエ

料金:1500円(当日券のみ)

◇ファンクラブ会員の方限定◇
会員証のご提示で、特別料金1,000円にてご覧いただけます!

▼公演詳細

 

北区AKT STAGE5月公演は、2作品を同時上演!

現在開講中の劇作家・演出家ワークショップからは、昨年度の優秀作品「気がついたら神様になっていました」
図らずも、宿命を負った血筋を引いていること知った女性が自分の人生を選び取るまでを描く30分程度のショートストーリーです。

そしてもう1作品は、4月にもアトリエ公演を行う「弁護士バイロン」を2カ月連続上演!
時間をおいて上演を重ねることで、一本の作品を時間をかけて作りこむ…アトリエ公演ならではの新たな挑戦です。

CAST / STAFF

◇気がついたら神様になっていました

鈴木万里絵・高松優・浅野鼓由希

◇弁護士バイロン

時津真人・大滝樹・草野剛・大江裕斗

あらすじ

◇気がついたら神様になっていました

劇作家WS x 新劇団員…。
新たに生み出される30分のショートストーリー!

一度も会ったことのない母親の死を告げられて、妹とともに生家を訪れた友美は、そこで自分たちが「神の取り憑く血」を持つ一族と知る。
蔵の中の小部屋に一人で住み、“神”に取り憑かれて死んでいった母。
その母を捨て、自分たちを連れて逃げ出した父。
生家で遺品の整理をするうちに、友美は不思議な少女と出会う。
同じ菅野の血を引くその少女は、“神”になる方法を知るために、一冊の日記を探し求めていた…。

◇弁護士バイロン

名作「熱海殺人事件」の続編!
アトリエ連続公演でさらなる進化に挑む!

熱海殺人事件の犯人・大山金太郎の裁判がいよいよ始まる。
なに恥じることのない犯人として拘置所にやって来た大山にとって、敵は無罪を要求する弁護士であり、味方は死刑を求刑する検事の方だ。
その大山の前に現れたのは、つねにバイロンの詩集を小脇に抱え、目立つことしか頭にない弁護士・二階堂君彦。
彼はあらゆる事件で無罪を勝ち取って来た敏腕弁護士だった。
果たして、大山は栄光の死刑囚として、無事に十三階段を上ることができるのか…?

チケット情報

本公演は、当日券のみとなります。
ご予約の必要はございませんので、直接会場においでください。

会場へのアクセス

北区AKT STAGEアトリエ
(東京都北区西が丘1-44-5 星亀ビル3F)

◇JR赤羽駅より
「赤羽駅」西口 徒歩約20分
「赤羽駅」西口 バス6番乗り場「王子駅」行き
「赤羽商業高校」バス停下車 徒歩1分

◇JR十条駅より
「十条駅」西口 バス乗り場「赤羽駅西口」行き
「赤羽商業高校」バス停下車 徒歩1分

◇都営三田線 「本蓮沼駅」より
 徒歩10分

Credit

企画・製作:NPO法人★☆北区AKT STAGE
協力:(株)つかこうへい事務所 株式会社ウイントアーツ
題字:絵夢